美容成分たっぷりの食べ物でスリムアップ!

アイスの選び方と食材を+ダイエットと美容成分吸収と効率UP

アイスクリームってダイエットにどうなんでしょうか?まずは、ここからですよね♪アイスの種類には1・アイスクリーム、2・アイスミルク3・ラクトアイス4・氷菓と同じアイスでも表記・種類が違います。
1から順番に濃厚(クリームっぽい)→→さっぱり(氷っぽい)になっていきます。
ダイエット中は容器の裏面の表記を見て、3・ラクトアイスか4・氷菓にするのが良いと思います。
食べ方次第で美容成分も沢山摂れます。

アイスの種類には1・アイスクリーム、2・アイスミルク3・ラクトアイス4・氷菓と同じアイスでも表記・種類が違います。
1から順番に濃厚(クリームっぽい)→→さっぱり(氷っぽい)になっていきます。
ダイエット中は容器の裏面の表記を見て、3・ラクトアイスか4・氷菓にするのが良いと思います。
冷た〜いアイスは、直腸から、内蔵の温度が下がります。
この部分は冷たいシャワーを浴びてもなかなか下がらない身体の深部にあります。
子供の頃、風邪をひいて熱がある時、お母さんがアイスをよく買ってきませんでしたか?身体の深部を冷やす事から、発熱=アイスの定義がうまれたのかもしれませんね。人間や(動物)は常に体温を一定に保とうとしますね。冷たいアイスを食べると、身体はあわてて暖めようとします。
その時に、熱(カロリー)を使うので、体温をあげようと身体は必死になりますw身体が体温をあげようとする=脂肪燃焼する素となるんです。
食べ過ぎは冷えすぎたり、お腹を壊したりするので要注意ですよ?もちろん、アイスにもカロリー、糖分はありますから、食べ過ぎれば当然太りますラクトアイスの中でもカロリーが低いアイスクリームです。
※例えば明治エッセルスーパーカップもラクトアイスですが352キロカロリーあるのに対してこれは、森永練乳氷は178キロカロリー♪そんなさおち。のアイスにプラスαで栄養も一緒に摂る食べ方を紹介します♪2くち位食べて穴をあけて、豆乳を投入!!!!!豆乳はどんどん足していって、150cc位は摂取できると良いですね。ジェラード状にしてスプーンで食べます。
まずは豆乳いれて・・・・味わう。。。。豆乳が苦手な方でもアイスの甘みで消してくれます。
そして、美容成分のある黒ごまを投入♪多めに豆乳をいれるとジェラード風アイスになり、黒ごまで香ばしくなります。
軽めのジェラードみたいになります。
甘いものも食べれて、豆乳、黒ごまも摂れて一石二鳥ですね♪アイスだけ食べるより、良いとおもいます♪家で簡単に出来る豆乳とゴマで作るアイスクリームもありますが、メンドクサイのでそこまでしなくてもOKです。
さおち。はさっぱりしたアイスが好きなので、よく作ります。
これから暑くなるので、アイスクリームの出番ですね!でも、ダイエット中の食べ過ぎは禁物ですよ〜???(2回目)食後に食べるのが良いとか間食が良いなど、サイトを検索しても色んな記事がありますが、私は間食、もしくは食事の30分前が良いと思っています。
※血糖値をあげておくと、満腹になりやすい為です。
ではでは。

美容や美容成分についての話はこのサイトが手軽で便利です♪